Search
Archive

マルスウィスキー蒸留所

久しぶりに来てしまいました!信州にある「マルス ウィスキー蒸留所」!

e78e84e996a2

日頃「マルス エクストラ」愛飲していますからねー(しかし…エクストラは鹿児島で造っているそうです)

ガイドさんはいませんが、工場見学コースでお勉強スタート!

e9baa6e88abd e7b396e58c96e6a99f e799bae985b5

 麦芽を粉砕し、70度の温水と混ぜ合わせ一定期間糖化機内で保持することで、麦芽の酵素により糖化が行われ、甘い麦汁ができます。

それを醗酵室に送ります。(右上写真)

酵母を加えて醗酵させます。

酵母が糖を取り入れてアルコールと二酸化炭素に変えます。

3~4日の醗酵期間でアルコール分7%のビールに似た醗酵液が出来上がります。

その液を蒸留室に送ります。

e3839de38383e38388e382b9e38381e383ab e3839de38383e38388e382b9e38381e383abe4b88b

形の違うポットスチルが並んでいます。

下を見ると…このポットスチルは直火ではなく蒸気で蒸留しているようですね。

初留用と再留用のポットスチルです。

初留用ポットスチルで蒸留を行い25%の無色透明の液体が出来、それを再留用ポットスチルで蒸留し、70%のアルコール度数まであげます。

この液体を樽貯蔵に適した60%にし長期貯蔵します。

麦芽から蒸留までの工程はほぼ一週間ですが、この樽貯蔵により長い年月眠りにつきます。

e6a8bde8b2afe894b5

 貯蔵庫はやはりなんともいえないバニラのような香り…精神的に落ち着く香りです。

日本のウィスキーの父と呼ばれる「竹鶴」氏は、マルスウィスキーを産んだ「岩井」氏の後輩にあたり、「竹鶴」氏を英国に送り出したのが「岩井」氏なのだとか…

帰国後の「竹鶴リポート」を元にポットスチルを製造しました。

e7abb9e9b6b4e383aae3839de383bce38388

では、有料試飲頂きます!

e9a792e383b6e5b2b3e38394e383a5e382a2e383a2e383abe3838810e5b9b4

「駒ヶ岳ピュアモルト10年」!

シェリーの心地よい香りにフルーティーさ…10年熟成のまろやかさ。

やはり美味い!!

売店にて…

 e5ba97e58685

ウィスキーを1本購入しました!1850円!

楽しみです♪

ここを↓クリックしてね♪ ブログランクングに参加中!ご協力お願いします。

e38396e383ade382b0e383a9e383b3e382ade383b3e382b0e59fbae69cace38390e3838ae383bce38080e794bbe5838f2

コメントをどうぞ