Search

「フーバー シュペートブルグンダー」

明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬご愛顧頂けますよう、宜しくお願い致します。

 

2016年が始まりました!

どんな年になるのでしょう…

私の中でも、いくつか目標を立てましたよ~

 

お正月は実家で過ごしました

今回は「MCシステム」さんのおせちです!

おせち1おせち2

日本酒で…となるとこですが

やっぱりワインでいきます

今回はドイツの「フーバー シュペートブルグンダー」

フーバー シュペートブルグンダー

ラベル 斜め上

「シュペートブルグンダー」とは「ピノノワール」のことです!

一時、ドイツの「シュペートブルグンダー」にはまりましたね~

なんだか、寒い地方で頑張って育った、酸味がたっぷりのイメージが私にはあり、愛おしくなってしまいます。

(寒いの大嫌いなので…)

2000年のヴィンテージで約15年前…

どうかな~と思いながら抜栓。

オレンジを越え、少し茶も感じますが…

最初、柔らかめの果実の香り。

次第に、クリーミーでトリュフを思わせる香り。

酸味を程良く感じ、タンニンは柔らかい。

やっぱり、寒いところを耐えた味わい…(笑)

旦那さんが珍しく「旨い!」と連発。

ドイツのピノに魅了されたようでした

おせち以外にしゃぶしゃぶもあり、控えめながら、酸味でサラッとさせ、なかなか良かった

試しに…おせちの蟹と合わせると…×でした(当たり前か…臭みがすごい

イクラとは…そんな悪くない

料理とワインの相性って、まだまだわからないことがいっぱいです。

今年は、もう少し勉強しなくちゃ!

2016年も宜しくお願い致しまーす

是非ここを↓クリックして下さい。ブログランキングに参加中!ご協力お願い致します。

e38396e383ade382b0e383a9e383b3e382ade383b3e382b0e59fbae69cace38390e3838ae383bce38080e794bbe5838f2

 

 

コメントは受け付けていません。