Search

「永遠の0」観てきました

ずっーと観たかったのですが、やっと先日観てきました

「永遠の0」

永遠の0

「臆病者」と呼ばれた宮部。

彼は、「生きて家族のもとに帰りたい」と思っていたから臆病者と軽蔑されていた。

それは当り前のことなのに…

それを口に出すと馬鹿にされ、「死」を美化されている異常な時代。

そのように洗脳され、信じて皆戦争に行っていたのだから恐ろしいですね。

「特攻隊」…もう負ける戦争だとわかっていて、なんでこのような無駄な死をさせたのでしょうか。

大和ミュージアムなどで、特攻に向かう人たちの肉声や手紙を見ましたが、なんともつらい。

宮部も自分の教え子達が特攻隊として戦場に行くのに、どれだけつらい思いをしたのか。

ここ数年、戦争についていろいろ考えさせられる機会が多々あり、もっと真剣に日本の過去を知りたいと思いました。

その頃には祖父や祖母はおらず…

小さい頃は、戦争の話をされると、またか…と全く興味がなく、しっかり聞いていなかったことが悔やまれます。

そんな時代を生き抜いた方々に敬意を払いたいと思います。

是非ここを↓クリックして下さい。ブログランキングに参加中!ご協力お願い致します。

e38396e383ade382b0e383a9e383b3e382ade383b3e382b0e59fbae69cace38390e3838ae383bce38080e794bbe5838f2

 

コメントは受け付けていません。