Search

「そして父になる」観てきました

11/3は「文化の日」

小学校では文化フェスティバルがあるということで、子供たちは学校へ…

ここ数ヶ月はなんだかバタバタで有給休暇もとれず…だから大好きな映画も行けず…

こんなチャンスはないと映画にGO

ずっと観たかったんだー「そして父になる」

そして父になる 

カンヌ国際映画祭で「審査員賞受賞」

話題になってましたものね。

おもーい内容です。

どうしても、自分ならどうするか…と考えてしまいます。

同じように小学1年生を持つ母親として、身につまされる思いです。

しかし私なら…今更、もう交換できません

思い出もありすぎて、可愛いく愛おしく、時には小憎たらしいけど、いろいろ悩み…

これからも、いろいろあるだろうけど、ずっーと一緒にいたい

血の繋がった我が子にも会いたいけど、最初からいなかったと思うようにして、会わないようにする

福山さん演じる父親は挫折を味わったこともなく優秀の為、けいた君が自分に似ていないと違和感を持ち続けていたのでしょう。

私はあまり優秀ではないので…

今まで過ごした時間を大切に、今までどおり 子供たちと家族でいたいと思います

…と真剣に考えたのでした…

どうみても、旦那さんにそっくりなので問題ないのですが

是非ここを↓クリックして下さい。ブログランキングに参加中!ご協力お願い致します。

e38396e383ade382b0e383a9e383b3e382ade383b3e382b0e59fbae69cace38390e3838ae383bce38080e794bbe5838f2

 

 

コメントをどうぞ