Search

「サントリー 山崎蒸留所」へ行ってきました! vol.2

貯蔵庫には樽詰めされた樽がずらり。

e8b2afe894b5e5baabe585a8e4bd93

樽の種類は5種類あり、大きいものは480ℓ、小さいものは180ℓ。

小さいほど、樽とウィスキーの触れる面積が多く、大きい樽は触れる面積が少ない為、長い時間がかけて熟成させるそうです。

ホワイトオークやスパニッシュオーク、みずならetc…オークの種類でももちろん味わいや香りが異なります。

また、樽の貯蔵場所によっても違いがでるそうです。

(入り口に近いとか…上の段・下の段とか…)

その為、一つとして同じものはない!

すごいですね~神秘的ですね~

ピークがそれぞれ違うため、寝かせればいいと言う訳でもないそうです。

天使の分け前♪ 可愛い呼び名です。

e5a4a9e4bdbfe381aee58886e38191e5898d

12年熟成樽と4年熟成樽の中身です!

1年で2~3%蒸発し、年々減っていきます。

12年ともなるとかなり減るのですね~また、ふか~い色合いです。

空調設備はないので、季節や温度により蒸発の度合いは違います。

それにしても…貯蔵庫内のツーンとした香りがかなりきつい。不調を訴える人も…以前こんな香りではなかったのに…

質問してみると、今の暑くなりはじめは、樽の木が膨張し蒸発する量が多いようです。

さて、お楽しみの試飲♪

e8a9a6e9a3b2e4bc9ae5a0b4

e8a9a6e9a3b2e5b1b1e5b48e e5b1b1e5b48e12e5b9b4e381a8e799bde5b79e1

先日、発売された「シングルモルト 山崎」のハイボール。

山崎12年と比べると甘い香りが少ないですが、ハイボールでスッキリ。

少ないとはいえバニラの香りもあります。

二杯目は「シングルモルト 白州」のハイボール。

先月、白州蒸留所を訪問しましたが、それから白州も結構好きです。

若葉を思わせるスッキリとした香り。ミントを思わせます。 

三杯目は「山崎12年」の水割り。

やはり、濃厚な甘み香りと飲み応えは熟成を感じさせます。

まろやかで贅沢ですね~

「ソーダ割り」は泡がスッと脂を洗い流してくれるので、焼肉や焼き鳥などに合うようです。

「水割り」は肉じゃがのように、甘みがある食事に合います。

では、有料試飲コーナーへ…

e8a9a6e9a3b2e382b3e383bce3838ae383bc

e69c89e69699e8a9a6e9a3b22e7a8ae e69c89e69699e8a9a6e9a3b22e7a8aee382b0e383a9e382b9

「山崎蒸留所ニューポット」(左手)!

先程のツアーの最中に嗅いだニューポットのように、もろみや焼酎っぽい香り。

そのイメージと違い、甘味がしっかりありながらもクリーン。

意外な体験。

「山崎12年 構成原酒<シェリー樽>」!

とっても甘い香り。香りが豊かで凝縮感のあるフルーツの香り。

トロッとした香り、シェリーの香り、レーズンやイチジクを思わせます。

甘みがありふくよかで余韻が長く、少しほろ苦さが心地よい。

何度訪問しても勉強になります。

今度は早めに予約入れて新しいセミナーに参加してみよう!

ここを↓クリックして頂ければ嬉しいです!ブログランキングに参加中!ランキングUPにご協力ください!

e38396e383ade382b0e383a9e383b3e382ade383b3e382b0e59fbae69cace38390e3838ae383bce38080e794bbe5838f2

コメントをどうぞ