Search

飯田ワインさんの試飲まだまだつづきます♪(H23/12/17)

先日の飯田ワインさんの試飲のつづき‥

今回は日本酒1種にヌーヴォ3種‥そして次は赤ワイン4種です♪

e9a3afe794b0e383afe382a4e383b3e8b5a4e59b9be7a8aee9a19e 

右からスペインの「ピルカール カレデュエニャス ガルナッチャ ホーベン」!

ハーブの香り、そしてもちろん果実味たっぷり。

時間がたつとバニラの香りも楽しめます。樽熟成はさせてないはずなのに‥

酸もしっかりあり、ガルナッチャらしく果実味あり、後口スッキリと飲めるミディアムボディ。

料理がなくても単体で楽しめるワインですね。1.400円とは嬉しい価格です。

右から2番目‥スペインの「ピルカール ヴィーニャ コンセホ」!

テンプラニーリョ100%です。

2005年というグレートヴィンテージのワイン。

樽のバニラの香りが豊かに広がり、パワーを感じます。これも2005年というヴィンテージだからでしょうか?

酸がきれいで、後口の余韻がしっかり残ります。

新樽比率100%で18ヶ月というから贅沢ですね。まして、2005年!旨くないはずがないです!

美味しいですがスペインの2.900円はちょっと販売するにはしっかりと説明がいりますね。

左から2番目‥イタリアの「アルナルド カプライ モンテファルコ ロッソ」!

サンジョヴェーゼ70%・サグランティーノ15%・メルロ15%

サンジョヴェーゼ主体の為、軽めなのかと勝手に思い込み‥あれっ?

飲み口はやさしいと思ったら、アフターはグッと残りますね~

なんかちょっと個性の強さを感じます。

飯田さんにきくと、「サグランティーノ」という品種は最後のシュワシュワ感が特徴で、少ししか入ってなくても結構個性を出すのだとか‥勉強になります。

酸も程良くあり、厚みがありながらも繊細さもあるワインでした。

「アルナルド カプライ」という生産者はウンブリアの中でトップ生産者だとか‥まだまだ知らないことばかりですね‥反省。

一番左‥「カルピネータ フォンタルピーノ キャンティ クラシコ リゼルバ」!

サンジョヴェーゼ100%ですよ。

色合いはかなり濃い黒みを帯びた赤紫。濃厚そうです。

凝縮感のある香り。インクを感じます。

樽と果実味がバランスよくエレガント。

「キャンティ」って安いイタリアワインって思われる方も多いようですが、「クラシコ リゼルバ」はさすがに芳醇でエレガントですね。

余韻がしっかり残り、肉でガッツリ飲みたいワインです。

先程ではないですが、サンジョヴェーゼ100%でこのパワーってはじめての体験。

やはりワインって複雑な要素が絡み合って生まれる、魅惑の飲み物ですね。

ここを↓クリックして頂ければ嬉しいです!ブログランキングに参加中!ランキングUPにご協力ください!

e38396e383ade382b0e383a9e383b3e382ade383b3e382b0e59fbae69cace38390e3838ae383bce38080e794bbe5838f2

コメントをどうぞ