Search

「サントリー 山崎蒸留所」訪問してきました(H22/10/10)

昨年も訪問したのですが、最近のウィスキーブームということもあって本日訪問してきました「サントリー 山崎蒸留所」♪

e78e84e996a21

「仕込槽」…こちらで麦汁をつくります。

e4bb95e8bebce6a7bd

「仕込槽」…木桶の仕込槽なんですね~(ステンレスもあるそうです)

e98697e985b5e6a7bd

4m程あるこの醗酵槽に麦汁を半分程いれるそうです。

酵母によってアルコールとタンサンが作られます。

3日後にはアルコール7%のもろみができるそうです。

木桶を使うことで、山崎の地につく乳酸菌を取り入れれるそうです。

「ピート」

e38394e383bce38388

よく「ピート香」というので、そのイメージがあったのですが、もともとは匂いがあまりないのですね~

「ポットスチル」

e3839de38383e38388e382b9e38381e383ab

この「ポットスチル」で蒸留されます。

形が異なる「ポットスチル」により、味わいが異なります。おもしろいですね~

e3839de38383e38388e382b9e38381e383abe4b8ad1

もろみを蒸留し、水蒸気を集め、冷却し、又液体に戻します。

アルコール度数は70%にまでなるとか…

蒸留されたばかりの「ニューポット(蒸留されたばかりの若いモルトウィスキー)」がみれます。

e3838be383a5e383bce3839de38383e38388

「ニューポット」の香りを試してみました。

e3838be383a5e383bce3839de38383e38388e887ade38184

ツーンとくる香り。(当たり前ですねアルコール度数高いですから…)焼酎のようです。

「樽貯蔵」

e8b2afe894b5

ニューポットに水を加え、約58%にしてから貯蔵するそうです。

12年と4年熟成の樽の中です。

e6a8bde7869fe68890e3808012e5b9b4e381a84e5b9b4

バニリンやタンニンの成分が蒸発し、年に約2~3%ずつ減るそうです。

チャーした樽…樽の内側を焦がしてあります。

 e38381e383a3e383bce38197e3819fe6a8bd

これ程たくさんある樽…しかし同じものはないそうです。

樽の材質、貯蔵場所、熟成年数…いろんな要因がありさまざまな香りや味わいになります。

熟成させればさせる程いいという訳ではなく、樽によりピークが違います。それを試飲をしながら見極めます。

通常のピークは12年程ですが、50年ものもあるそうです。飲んでみたいですね~

ちょっと気になった温度…ワインなどは温度管理され貯蔵されていますが、特別そういうことないようです。反対に日本の四季が個性を生み出すのだとか…

試飲です♪

e8a9a6e9a3b2

ハンドルキーパーの為飲めませんが…

山崎10年は甘く柔らかな香り。ももやマスカットのようです。

タンサンで割るとその香りが引き立つタイプとのこと。

山崎12年は全く香りが異なります。

熟した柿。バニラの香り。華やかな余韻があり、ピート香りも楽しめます。

こちらは特に水割りで引き立つようです。

飲み方によりウィスキーもさまざまな顔をみせるようです。

チョコレートのような甘いものと合わせるなら「ストレート」

和食のような繊細な料理には「水割り」…繊細な甘みが引き立ちます。

「ハイボール」にするとフルーティーさが引き立ちます。

「ロック」は徐々に氷が溶けることで、いろんな顔が楽しめます。

サントリーさんといえば、昔は「寿屋」さんという屋号。

e5b1b1e5b48e

「山崎」の「崎」という字に「寿」が使用されているとは…初めて知りました!粋ですね。

「ウィスキーライブラリー」

e383a2e383abe38388e58e9fe98592

たくさんの原酒が展示。見応えあります。

テイスティングルームもありますよ~

本日はたくさん質問もさせて頂き、とても勉強になりました。

ウィスキーの魅力に魅了され、「ファクトリーショップ」では「ウィスキー」の本を購入してしまいました。

ここを↓クリックして頂ければ嬉しいです!ブログランキングに参加中!ランキングUPにご協力ください!

e38396e383ade382b0e383a9e383b3e382ade383b3e382b0e59fbae69cace38390e3838ae383bce38080e794bbe5838f2

コメントをどうぞ